1. プチトク情報
  2. >日本円と中国元レート

日本円と中国元レート

日本円と中国元レートはオンラインや銀行や空港の両替所でチェックすることができます。

日本円と中国元レートは為替用のアルファベッド3文字コードで表示されます。
日本円はJPY、中国元はCNY、アメリカドルはUSDなどそのアルファベット3文字コードで取引が行われます。

日本円と中国元レートは日々変動

日本円と中国元レートはご存知の通り日々変動します。
円高にもなれば、円安にもなります。
日本円と中国元レートとの関係ですが、例えば100円で中国元が7.60元になるとします。
元になると桁が下がるので、一体7.60元だけで何を買えるのが疑問に思ってしまいますが、7.60元だけで、中国では10個卵のパックを2つに牛乳一本を買うことができるのです。
100円でそれだけのものが買えるのです。
中国の物価が安いことが伺えますね。
これとは反対に韓国ウォンは100円に対して1,525.91になるとします。
100円で1,500ウォンももらえるのです。
物価が安くて沢山買えるのかと思いますが、物価は日本とほとんど変わりません。
2008年の後半から急激な円高とウォン安で多くの日本の観光客が韓国に訪れました。
その理由はそこにあります。
このように日本円と中国円レートなどの為替は常に関わりを持っています。

日本円と中国元レート 円安と円高

日本円と中国元レートは貿易や旅行などをする際にとても重要となってきます。
中国はここ近年経済成長を見せており、貿易相手として注目を浴びています。
それゆえに外国為替などでも日本円と中国元レートに鑑み、中国元を選ぶ人が増えてきています。
中国間との貿易だけではなく貿易では円高だから日本側に利益が出るとは限りません。
US1ドル100円が90円まで円高になるとすると輸入は100円を支払っていたところが90円で物が輸入できるようになるわけですからプラスにはなりますが、輸出となるとマイナスになってしまいます。
為替は毎日変動するものなので、アメリカの1ドルイコール日本100円となることは難しく、それを保つことはさらに難しいです。
多少の円安・円高が起こることは当然ですが、急激に円安や円高になってしまうと、経済に大きく影響します。
そして旅行でも日本円と中国元レートの取引は気になります。
少しでも両替金を少なくして海外で沢山費やしたい場合には、円高をひたすら願うしかありませんね。
でも中国自体は物価が日本より安いので、すごい円高ではなくても十分に大金を費やさなくことなく楽しむことができます。

日本円と中国元レート リアルタイム

ご存知の方が多いとは思いますが、中国に返還された香港は中国元を使用していません。
香港ドルを使用しているので、中国とはいえ香港へ行く際は日本円と中国元レートではなく、香港ドルのレートになります。
銀行などで両替できる外貨はごく一部に限られています。
しかし世界には200以上もの通貨があるそうです。
中国元は銀行で両替できますが、取り扱っている銀行が限られています。
ですので、両替には取り扱っている銀行を前もって調べておくことをおすすめします。
日本円と中国元レートなどをオンライン上で、リアルタイムで見ることもできます。
オンライン登録をするだけで、無料で見ることができますので、リアルタイムで為替を見たい方は、ぜひ登録されてみると良いでしょう。
日本円と中国元レートはこれからも中国の経済が上がって変動していくでしょう。


日本円と中国元レート